水彩画 初心者 題材

水彩画初心者はどんな題材モチーフがおすすめ?花・風景?

 

水彩画をはじめる大人が増えています。これからの季節
旅行でスケッチできたり、それを絵ハガキでさらっと
送ったりできると楽しいですよね。

 

水彩画初心者におすすめの題材・モチーフとは

 

 

〇シンプルなフォルム

 

 

下書きが簡単にできないと
色塗りへ進めないので
形がシンプルなものがいいですね。

 

みかんやりんご、なし。球体のものは
立方体など奥行のあるものに比べて
影のつけ方もわかりやすいですね。

 

 

〇単純な構図

 

静物ならりんごとレモン、
みかんとコップなどを組み合わせるなど
単純な構図を

 

 

風景なら手前のものにスポットをあてて
背景はぼかすなど

 

はじめは
複雑にしないほうがいいと思います。

 

〇花の種類

 

 

花は買ってきて描くことができるので
おすすめですが
花弁が多いと挫折しやすいです。

 

はじめはバラよりはチューリップがおすすめです。

 


夏ならばあじさいよりは朝顔ですね。

 

 

〇写真?実物?

 

 

練習する場合は
題材は実物でも
写真でもどちらでもいいと思います。

 

ただし、写真は撮ったひとの
トリミングセンスそのままなので

 

自分で撮った写真のほうが
自分の構図になりますね。

 

 

〇人物は中級クラス

 

人物を描くのは
かなりの練習が必要です。
私の場合、もくもくと
練習してもなかなかうまく
描けずヌードデッサン講座に参加することと
なりました。

 

人物は
初心者の題材にはあまりむいてないかも
しれません。

 

基礎をさくっと習得してから
挑戦するほうが

 

「がっかり・・・」
が少なくて済むと思います。

 

 

 

描きはじめて水彩画初心者が直面する3問題

 

どこまで濃く塗ればよいかわからない

 

塗り方が正解なのかどうかわからない

 

下書きですでに挫折

 

 

本を読んだりして
もくもくと独学しても
この3点が壁に。

 

やっぱり正しい基本指導が必要なのです。

 

 

この問題を自宅で最も安く解決する方法は

 

わかりやすい教材でやさしいプロセスで
学ぶことです。

 

おすすめは
絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座

 

初心者のときのこの悩ましい問題は
教室いくより
本で読むより
ユーチューブ見るより

 

教材として開発された動画講座を
自宅で自分のペースでわかるまで
見て練習するのが一番最速で解決できる気がします。

 

なぜおすすめ?特長は

 

簡単3ステップの水彩画講座がおすすめな理由は

 

下書きからスタートしないこと

 

動画で絵が仕上がる過程を解説入りで見られること

 

水彩画のメイキング動画はユーチューブにもたくさんあります。
でも、超初心者向けに制作されているわけではないので
中級以上でないと理解できない部分が多いと思います。

 

 

いまなら特典プレゼント

 

簡単3ステップの水彩画講座 には教材のほかに
こんな特典があります。

 

 

 

基本の描き方を動画講座で習得したら
さっそく、スケッ旅行へでかけましょう!

 

 



 

水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは