水彩画の描き方 初心者

水彩画の描き方の入門本とは?初心者におすすめの本をピックアップ

 

水彩画をはじめたい!という初心者の方に
おすすめの本をご紹介します。

 

やさしく説明されている本もたくさんありますね。
でも読むだけでは描けるようにならないので

 

読みながら実際に
描いてみる、ということが大切です。

 

はじめての水彩画 野村重存

 

プレバトでおなじみの村先生の水彩画入門本です。
水彩画の道具の説明から、下描きや塗り方を
写真で解説しています。発売からすでに10年以上経過していますが
こちらは増補改訂版となります。

 

 

はじめて描く透明水彩  青木美和


食べ物などの水彩イラストでマダムに人気の青木さんの本です。
私もこの方の本は持っていました。水彩の道具から鉛筆の使い方など
コップや果物などのデッサンから色づけまでを描く練習から
風景の描き方まで。

 

 

もういちど透明水彩を始めよう。 基本12レッスン 永山裕子


女性に大人気の水彩画家の永山さんの本です。
りんご、オレンジ、レモン、コップ、花などの描き方のレッスン本。

 

 

自分でも
何冊も購入して
独学で水彩画を学ぼうとしていた頃があります。

 

でも、

 

まったく水彩画の描き方の知識がない初心者だったため

 

確かに本はやさしく説明してあるのに
わからなかった。。。

 

説明どおりにやってみると
いちおう描けるんですが

 

これでいいのかな?

 

正解かどうかがわからない。。。

 

これで基本がわかったのかな?

 

独学迷路でした。

 

これらの本は
ぼかしやブラシやマスキングやら
やってみたいテクニックも満載なので

 

基本がわかった上で読むと
楽しいです。

 

 

自分の場合は、

 

通信講座、水彩画教室、
デッサン教室やら油絵教室へ
通って数年がたち、

 

ようやく水彩画の基本が
わかってから

 

再度、買っておいた入門本を読むと
するすると理解できました。

 

あー、ここはこうする、という意味だったか!

 

てな感じ。

 

水彩画の入門本は高価です。
10冊購入して

 

これで合ってるのかなーーー?
と悩むより

 

同じくらいの値段

 

まずは
プロ画家上西先生の
水彩画動画講座で

 

順を追って
基本を学ぶほうが
上達は早い気がします。

 

さきほど紹介したのは確かに
水彩画初心者におすすめの本、
なのですが

 

本当のおすすめは

 

まずは上西先生の動画講座。

 

絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座

これで水彩画の基本をすべてわかってから

 

好きな画家さんが書いた
描き方のハウツー本を買って
勉強すると

 

するするさくさく上達できると思います。

 



 

水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは