水彩画 紙 よれる

水彩紙がよれるのを防ぐにはポイントがあります

 

 

水彩画を描くとき紙がよれたり
くるくると曲がったりしますよね。

小学校の時写生していて
画用紙の端をクリップでとめたり
ピンでとめたりしませんでしたか?

 

透明水彩画は
水をたっぷり使うので

 

あの頃と同じ描き方では

 

小学校のときよりよれますよー。

 

水彩紙がよれるのを防ぐ方法とは・・・

 

 

 

水彩紙がよれるのを防ぐ方法は3つ

 

水張りする

 

水彩紙の裏に刷毛で水を塗り
濡れているうちに板ボードに
水張りテープで貼ります。

 

 

厚い水彩紙を使用する

 

水彩に使う紙は300gなど
厚い紙が売っています。
厚いほどよれにくいです。

 

 

ブロックタイプのスケッチブック

 

リングで綴ってあるスケッチブックではなく
のりづけしてあるブロックタイプの
スケッチブックを使用する。

 

以上の3つの方法で
水彩画を描いても紙がよれるのを
防ぐことができます。

 

私はよく
アメリカ製「ストラスモアインペリアル」ブロックを
使用します。

ホルベイン ストラスモア水彩紙 ブロック インペリアル 中紙300g(中厚口) 中目12枚とじ 270-675 IB-F8

新品価格

¥4,968から
(2018/4/15 03:20時点)

 

厚みがあるので
水張りしなくても
よれにくいです。

 

でも、値段が若干高いので
「水張り」したほうが安いとは
思います。

 

または
描き方で水の量を
調整する。ですね。

 

 

水彩の道具の選び方から水張りまで動画で学べる講座がおすすめ

 

道具の選び方から
水張りの方法まで
丁寧に教えてくれる
絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座
があります。

 

こういう感じでめっちゃ親切丁寧です。

 

 

 

もっとくわしくみてみる>>>
プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セット

 

たぶん
文章での説明を読むよりは

 

DVD講座で正しい順序で
学ぶのが一番早いと思います。

 

 

上西先生のDVD講座の中で
「レッスン1の色塗り編」では
基本の塗り方の練習として

 

リング止めの
厚めのスケッチブックを
使用されていますね。

 

特典として「水張りの方法」が習得できます

 

私は4年間で5つほど
絵画教室を渡り歩きましたが

 

一度も「水張り」を
習いませんでした。

 

結局、「水張りの方法」が収録されている
DVDを買ったのですが

 

 

プロ直伝!いきなり上手に描ける水彩画講座3弾セットの教材には

 

特典として「水張りの方法」が
あるので

 

 

レッスン1 色塗り編
 
レッスン2 デッサン編

 

の間くらいに

 

初心者のうちに

 

さくっと覚えちゃいましょう!
ほんと、いたれりつくせりですよね〜。

 



 

 

水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは