水彩画の描き方 初心者 下書き

水彩画の描き方【初心者向け】「下書き」でもう悩まない!3つのコツ

 

水彩画の描き方【初心者向け】下書きでもう悩まない!

 

 

水彩画の描き方は初心者の場合、
「下書き」をどうするか、ということが
まず超えるべき壁になりますよね。

 

・鉛筆の線が残っちゃうよ!
・薄ければいいの?
・デッサンができなくてもいいの?

 

とかいう点で。

 

 

水彩画教室へ行っても

 

まずは

 

「大人は黙って下書き」

 

なので
教えてもらうことはできません。

 

ここでつまづく人のなんと多いことか。。

 

では
「下書き」で悩まないための
3つのポイントとは。

 

 

「下書き」をうまく描く3つのコツとは

 

薄すぎる鉛筆を使わない

 

水彩画の下書きをするときは
おもに
鉛筆+練りゴムを使います。

 

練りゴムは
こすらなくてもトントンするだけで
鉛筆が消えるので紙を傷めません。

 

では

 

薄い鉛筆ではなぜダメなのでしょう?

 

輪郭が残らないよう
うすーく下書きを書こうとして

 

薄い鉛筆を使った場合のことですが。

 

薄い鉛筆=Fや3Hとか「芯が固い」鉛筆は
紙を傷つけるので

 

あとで絵の具が傷に入り込んで
イマイチ。

 

やわらかめの鉛筆で薄く書くとよいでしょう

 

 

濃すぎる鉛筆を使わない

 

ポイント1と
逆のこと言ってるやん!

 

と思いますよね?

 

では

 

 

やわらかい鉛筆ならいいの?

ということで

 

5Bや6Bを使うと

 

濃すぎます。

 

濃い下書きだと
鉛筆の粉と水が混ざって

 

全体的に
黒っぽい感じになるのでご注意を。

 

 

HB、Bなどほどよい固さの鉛筆を使って、
薄めに描き、着彩の時目立たないよう
練りゴムでトントンしておきましょう。

 

 

デッサンのことは考えない

デッサンを習ってないから
「下書き」がうまく描けない。

 

と思っている人も多いかと思います。

 

でも、デッサン教室で習うことは輪郭よりも
「陰影」です。

 

立体感=陰影なんですね。

 

でも水彩画の初心者のときは
あまり難しいこと考えなくていいかも。

 

モチーフの形をよく見て
そのまま鉛筆で輪郭をとり、

 

絵具で陰影をつけていきましょう。

 

 

 

「下書きなし」ははじめは難しい

 

水彩画は「空気感」を描く
ことが多いので

 

「下書きなし」の方も
いると思います。

 

でも。

 

ある程度
しっかり下書き⇒着彩を
やってからでないと

 

いきなり「下書きなし」は
なかなか
うまくいかないのではないでしょうか。

 

 

一例ですが

 

駅で見かけた金木犀を
「写真なし」「スケッチなし」「下書きなし」で

 

記憶のみで描いてみました。

 


まず背景を塗りました。
次に

枝や花の位置を入れて

 


細部を入れて仕上げています。

 

これって、

 

「下書きなし」=「見えない下書きあり」

 

なんですね。

 

頭の中で
「イメージ下書き」
ができているので

 

「鉛筆での下書きなし」

 

というだけなんです。

 

何年も下書き⇒着彩の練習を
していたのでできるのですが
いきなりはなかなか難しいかもしれません。

 

 

 

あえて下書きを残すという方法もあります

 

「下書き」を残すと味わいが出るので
題材によっては鉛筆の線をわざと残すこともあります。

 

 

「下書き」が苦手な人にぴったりの動画講座もあります。

 

 

「下書き」から始めない
スピード上達講座が登場しました。

 

それも教室へ行かなくてもOK。という
スゴイやつ。

 

昔これがあつたら
あんなに苦労しなかったよー・・

 

という動画DVD講座です。

 

これまでの

 

「輪郭をとる」⇒「着彩」レッスンの常識を覆す

 

「陰影塗り絵」⇒「デッサン」

 

の画期的な順番で
学ぶ自宅講座です。

 

詳しくはこちらから>>>
絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座
いまなら楽しいプレゼント特典付き

 

これなら
「下書き」で挫折する初心者の人は
ぐっと減りますね。

 

水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは