水彩画 紙 ボコボコ

水彩画の紙がボコボコになるのを防ぐ2つの方法

 

水彩画を描いていると
紙がだんだん
ボコボコになってきますよね。
小学校のとき、よく困りました。
簡単に防ぐ方法は2つあります。

 

ブロックタイプのスケッチブックを買う

 

私はこれ。

 

こちらは
ウォーターフォードの水彩スケッチブックですが

 

一枚ずつ
のりづけしたブロックタイプとなっています。

 

本日は朝から5時間くらい
水彩画を描いていたのですが

ボコボコになっておりません。

 

完成したら、
1枚ぺりっとはがします。

 

で、

 

額装すればできあがり。

 

アルシュもヴィフアールも

 

ブロックタイプの
スケッチブックを買っています。

 

だいたいF10サイズまではあるので
巨大な絵を描く場合以外は
これを使って水彩画の紙の
ボコボコを回避しています。

 

 

ボードを買って水張り

 

画材屋さんで
木のボード+水張りテープ+刷毛+水彩紙を買って
「水張り」します。

 

私は1年半カルチャーセンターの
水彩画講座に
行きましたが

 

「水張り」の授業はなかったため、
いまもできません。

 

初心者向けの水彩画講座
絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者講座
では
基本的な「水張り」のやり方DVDが

付録でプレゼントされるので
見てやってみてくださいね。

 

まとめ

 

水彩画の紙がボコボコにならない
2つの方法は

 

ブロックタイプのスケッチブックを買う

 

水張りをする

 

でした。

 

水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは