水彩画 初心者 独学

水彩画を初心者がはじめるなら教室?独学?通信教育?

 

 

はじめての水彩画をはじめる方法

 

透明水彩画を始めるには3つの方法があります。
それぞれのメリット・デメリットがあります。

 

水彩画初心者が「独学」でスタート

 

本などで道具をそろえて
ユーチューブで描き方を
拾いながら練習します。

 

「独学」のメリットとは

道具代、本代程度であまり費用がかからない
好きな時間に練習できる
先生がいないので自由に描ける

 

「独学」のデメリットとは

基本がわからないので上達まで時間がかかる
本を何冊も買うと内容がだぶるので結果、無駄な費用がかかる
情報過多すぎて妙なクセがつく

 

 

 

水彩画初心者が「教室通学」でスタート

 

何もわからず透明水彩画を始めるとき
教室へ入るひとも多いと思います。
カルチャーセンター、アトリエ、市民講座など
いろいろありますね。

 

「教室通学」のメリットとは

生徒同士で仲良くなれる
スケッチ旅行、教室展などに参加できる
先生と直に話せる

 

「教室通学」のデメリットは

とにかく毎月膨大な費用がかかる
※授業料・交通費・教室管理費・モチーフ代・スケッチ旅行費・教室展費・交際費
先生の質が問われる
教室がおしゃべりサロンになりがち
時間制限があるので中途半端で毎回終了

 

水彩画初心者が「通信講座」でスタート

 

自宅でゆったり透明水彩画の技術を習得していく
通信講座。昔と違って最近の通信講座は
課題もなく、動画講座なのでスタートしやすくなりました。

 

「通信講座」のメリットとは

 

自宅で周囲を気にせず練習できる
先生や教材が選べる
時間無制限で繰り返し学べる
費用が安い

 

「通信講座」のデメリットとは

 

生徒同士で友達になることがない
教室展がなく個展を開くしかない
スケッチ旅行は自分で行くしかない

 

 

本→通信講座→教室の順番でやってみた感想

 

私のお話ですが
45歳のとき
「透明水彩」を始めたい!と
思いたち、

 

本を何冊も買って独学で始めましたが
1年たっても描き方も道具のそろえ方も
よくわかりませんでした。

 

次に某有名「通信講座」の「イラスト講座」を受講。
ここではじめて絵具の使い方などが少しわかりましたが
教材が「動画DVD」でなくテキスト数冊だけだったため読み解くのに
ひと苦労。
描き方まではよくわかりませんでした。

 

また、のちに教材がかなり古いとわかって
ややショックでした。
※そのテキストは今現在も使われていますが・・・

 

そして「カルチャーセンター」へ。
道具の使い方などは知っていたのでラクでした。
モデルさんをはじめて描きました。

 

半年後「ヌードデッサン教室」へ
絵を描くのにハマって
有名写実画家さんにデッサンを習い始めました。

 

 

経験からのおすすめは

 

このような経験から
透明水彩に
まったく知識がない、はじめて、

 

という方は

 

だいぶ高額にはなりますが
水彩画基礎コースのある「教室」へ通学されるか

 

教室へ通学するのと同じくらいわかりやすい内容で
プロ画家とやりとりできる
初心者向けの動画講座で勉強されるのが

 

上達が速いような気がします。

 

透明水彩画の塗り方の順番は?順序に基本のルールってあるの?!