透明水彩 基本

透明水彩画の描き方とは?基本って初心者がどうやって勉強するの?

 

大人になってから「水彩画を始めたい」という方は

 

自分のそうでしたが
透明水彩を始めたい」ということですよね

 

 

 

 

透明水彩というのは
その名の通り「透明感」のある美しい絵の具。

 

下に塗った色が透けて見えます。

 

白の絵の具はなく、紙の「白」を塗り残します。

 

 

遠景から近景へ描きます。

 

ファーストウォッシュが大切です。

 

 

透明水彩には、

 

小学生のとき使用していた不透明水彩とは違って
いろんな基本ポイントが
あるのですね。

 

では、

 

初心者の方は基本を学ぶために
絵画教室では何からやるのでしょうか。

 

 

→水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは 

 

絵画教室では下書き→色塗り

 

絵画教室へ入るとまず下書きができなければ
色が塗れない。

 

というわけで

 

だいたい「りんご」「みかん」や
「コップ」などをテーブルに
ぽんと置かれます。

 

それをみながら鉛筆で下書きをして・・・
という流れです。

 

なぜ、リンゴ?コップ?

 

かは置いといて。

 

初心者の場合、思いのほか
下書きに苦戦して時間がかかり

 

さて、色塗りしようとおもうと

 

「あと〇分で本日は終了です。急いで塗って」
と言われて

 

あとはパパっと適当に塗っておしまい。
という高齢者の方をよく見ました。

 

そして
「えー次週は柿と花瓶です」

 

みたいな。

 

これで上達したひと、いるのかな・・・
という感じです。

 

理想は

 

プロの画家の先生がマンツーマンで

 

時間がかかってもじーっと
根気よく待っていてくださり
質問には全部答えてくださり、

 

手取り足取り教えていただける
教室を探さないと

 

大人の初心者が
上達するのには壁が高すぎます。。

 

でも、ほとんどないですよね、
そんな教室。

 

色塗り練習→デッサン練習のほうがスムーズ

 

そこで、

 

まずはこちらの動画をごらんください。

 

 

はじめから「下書き」してあります。
「花」ならこんな感じです。

 

あとは先生の動画レッスンのとおり
ひととおり塗ってみると

 

 

「おおっ立体感が!」

 

つまり光と影が上手に、
「塗り絵できた」から、なんですね。

 

ここがひとつの透明水彩の基本。

 

独学では習得にものすごく時間がかかりますが

 

 

この方法だと

 

そうか!

 

こういう塗り方なら立体感が出せるんだ・・・

 

ということに

 

たぶん
2時間で気づきますね。。。。

 

このスタイル、合理的だと思います。

 

だからみるみる上達するのか。。。

 

なるほど。。。

 

とはじめてみたときすごく納得しました。

 

 

塗り絵していたはずなのに
透明水彩の基本が自然と身につく

 

 

透明水彩をこれから始めるという初心者の方は
本を買ったり、ユーチューブをみたり

 

水彩画をかじったひとに教えてもらったり、
じたばたしているうちに

 

何年もたってしまう。

 

それならプロに透明水彩の基本を習える
この動画講座、おすすめです。

 

 

光と影の塗り方がわかるようになってから、
デッサン練習のステップへ。

 

 

この講座は普通の教室とは逆なのですが

 

これこそが
超短期間で好きなモチーフが
するすると描けるようになるポイントなのですね。

 

たとえば70代の初心者の方が
絵画教室で
「リンゴ」「ナシ」「すいか」の下書きしているうちに

 

 

同じ70代の方が
塗り絵からスタート後しばらく練習して
デッサン編まで行けば、

 

最短で風景がまで描けるようになるのではないでしょうか。

 

だって画家の上西先生が

 

「海」や「山」の描き方をみっちり
仕上げまで動画で網羅されているんですから。

 

 

ちなみに町の絵画教室では
年に数回のスケッチ旅へ参加してはじめて
風景画の勉強する、という感じですよね。

 

 

もしあなたが

 

このあいだ行った旅行で観た
心に残る風景をいますぐ

 

すらすら描いて
お友達やご家族に見せたいなー

 

とお考えなら

 

静物も花も風景も一気に
基本が学べるこの講座はかなり
おすすめなのではないか、と思います。

 

初心者のためのDVD講座をくわしくみてみる>>>
絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座 

 

 

 
水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは