水彩画 水張り しない

水張りとは?水張りしないで描くとどうなる?

 

水彩画の水張りとは?

 

水彩画を普通に描くと
紙がくるくるしたり、
ふにゃふにゃしたりして
仕上がりがイマイチですよね。
それを防ぐためにするのが「水張り」

 

描く前に裏面に刷毛で
たっぷりと水分を塗り、
紙が水分を吸って
伸びたところでボードなどに
水張りテープではりつけます。

 

しっかり乾いてから
描きはじめます。

 

 

水彩画を水張しないで描いてみた

決して水張りがめんどうくさいわけで
はなくて、
水張りしない方法もあるみたい、
ということでかなと
試してみたのでした。

 

水張りは基本、裏面を濡らして
ボードに張りますが

表も裏もびちゃびちゃにして
乾かさずに

 

そのままいきなり
描いています。

 

下書きなしです。

 

22.5×16cm
フランス製アルシュ紙で
描いた風景画です。
正面から写真に撮ると、
くるくるにも
ふやけてもいません。

 

おー、大丈夫!

 

上から見ると・・・

 

あっ

 

 

ちょっと波・・・になっています。

 

水張りした水彩画と比較すると

うーむ。。。

 

やっぱり水張りしたほうが
フラットですね。

 

しかし、

 

あんなにびちゃびちゃに
したのに
くるくるしてないのは

 

さすが
最高級水彩紙アルシュ様です。

 

 

びちゃびちゃにせずに
水張りしないで描くなら

 

「ブロック」と呼ばれるスケッチブックが
便利。

 

 

ふちが糊付けされているので
水張りの必要がありません。

 

びちゃびちゃにしない方には
おすすめです。

 

水彩画の基礎がつまった通信講座>>>
絵画教室よりも上達が速い!自宅で学べる!初心者向け水彩画講座

 

なら、水張りのやり方も丁寧に教えてくれますので
道具の揃え方、絵具の使い方から知りたい方
におすすめ↓

水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは