水彩画 必要なもの

水彩画に必要なものとは基本の道具

 

水彩画を始めたい!必要なものって何でしょうか

インスタグラムを見ていると
多くの人が透明水彩画を描いて
発表していますね。

 

これから水彩画を始めたい!
と思ったら
何と何を買えばよいのでしょうか?

 

必要なものとは。

 

必要なもの1 紙

絵を描くのですから
「画用紙」が必要です。

 

小学生のころに使っていた画用紙だと
薄くて水分で
くるくるーっとなっちゃいますよね。
透明水彩画の場合は
「水彩紙」が必要です。

 

私は
300gの厚めの
フランス製アルシュ
または
イギリス製ウォーターフォード

 

を使っています。
アルシュだと
画材屋さんで1枚700円くらいです。
ブロックだと1万円くらい。

 

ウォーターフォードだと
6,000円くらいです。

 

よくあるスケッチブックは
くるくるーっとなるので

やはり
「ブロック」があすすめです。

必要なもの2 筆

水彩筆が必要です。
値段はピンキリ。

 

動物の毛
ナイロンの毛、

動物の毛に似た毛。

 

 

いろいろあります。
私は
ナイロンや
馬の毛を使っています。

 

必要なもの3 絵具

ホルベイン
クサカベ
シュミンケ
などが人気です。

 

私は透明水彩も
不透明水彩も
ホルベインです。

 

必要なもの4 筆洗バケツ

水を入れて筆を洗います。
私は代用品で。

 

こんなのとか。

 

 

必要なもの5 パレット

パレットは24色用の
少し大きめがいいと思います。
ペーパーパレット、というものも
売っていますが、
油絵のときは使いますが
透明水彩では使いません。

 

あとはティッシュやぞうきんなど
いろいろ。

 

こちらの動画講座は水彩画に必要な道具のことから
プロ画家の先生がしっかり説明してくれているのでおすすめです↓
初心者でもいきなり上手に描ける、プロ直伝!水彩画講座

 

水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは