水彩画 塗り方 順番

透明水彩画の塗り方の順番は?順序に基本のルールってあるの?!

 

透明水彩画の塗り方の順番ってあるのでしょうか?

絵を描くのは
基本的には自由なので
ルール、というものはありませんが

 

透明水彩画は
美しく描ける順番というのがあります。

 

だいたい
広いところ→細かいところ

 

と思っておけばいいと思います。

 

自分で描いてみてきれいに仕上がるのは

 

空気感を描く

 

鉛筆で薄く下書きしたら
水をたっぶりひき、
濡れている間に背景や全体の空気感を出します。
背景、というより全体の
「空気感」を描くところがポイントです。

 

 

細かいところを描く

乾いたら一番奥の部分はあまり触らず
中間あたりをややくっきり描きます。

 

ピントが合っているところをくっきり

さらによく乾かしてから
ピントが合っているところ、一番手前のところを
くっきり濃いめに描き、陰影をつけて完成

 


こんな感じで仕上げると
色が混ざり合って濁ることなく
きれいに仕上がる気がします。
乾かすのに時間がかかるのですが
ドライヤーを使う方もいますね。

 

 

透明水彩画の塗り方の順番としての基本的なコツは3つ

 

まとめると・・・

 

広いところから→細かなところへ
光から→影へ
上から→下へ

 

これががきれいな塗り方のポイントです。

 

ひとつずつみていきますと

 

広いところ→細かなところ

風景でいうと
広い「空」から、
一面に広がる「山」へ。
そして「家」へ
という風に。

 

光→影

明るいところから暗いところへ。

つまり薄い色で明るいところを
塗り、影の部分に濃い色を乗せると
立体感がでてきます。

 

上→下

主に「空」を描くとき、
太い筆で横に水平に
塗りながら
下へ塗っていくと
むらなくキレイに仕上がります。
とくにイーゼルに立てかけて
描くと絵の具が下に垂れてくるので
上から下へ塗るほうがきれいですね。

 

 

透明水彩画の基本の塗り方は動画なら順番がよくわかる

 

プロ画家・上西先生が丁寧に教えてくれる
初心者向けの動画講座なら
風景の塗り方の順番を

 

実際にじっくりと
動画で見せてくれていますので

 

だんぜんよくわかりますね。

 

こんな感じです↓
 
基本の陰影からやさしく教えてくれるので
高齢者齢者の方にもとても人気があります。

 

口コミなどをみてみる>>>初心者向けの動画講座