水彩画 風景 木 

水彩画風景「木」の新たな描き方にトライ!

 

水彩画風景「木」の新たな描き方にトライ!

透明水彩画の
風景画を描きました。

 

風景画といっても、スケッチでもなく
参考写真もとくにありませんが。

 

「うし年」ということで
牛さんがいる明るい水彩画を描きたくなり、

 

お正月に暖かな日差しの入るお部屋で
まったりと描きました。

 

想像画ですが。

 


「陽光」2021

 

「陽光」というのは
牛さんが持っているリンゴの名前です。
1月にも収穫できるそうです。

 

年末に描いて
実家の玄関に飾るつもりだったのですが

 

なかなか構図が決まらなくて
お正月を過ぎたので

 

いまは自分のお部屋に飾ってあります。

 

絵を見ながら
コーヒーを飲み、
クラシックを聴くと

 

描いていた日の
まったりと穏やかな気分になるので
いいですよ♪

 

ここでやってみたかったのは
「木」の新しい技法。

 

以前描いた
絵本教室の原画では

 

描き方がわからず
一枚ずつ葉っぱを描いていて
すごーい長時間でしたが

 

これは便利!
食品に使うラップを
くしゃくしゃにして

 

ぽんぽんぽん。
ぽぽぽぽぽぽぽんぽんぽん・・・

 

「スタンピング」という技法だ
そうです。

 

スタンプするように描く、
という意味ですね。

 

スタンピングしてから枝と
幹を描きました。

 

なんとなく、「木」に
見えますよね!

 

さらに一枚

 

この方法で描こうと
下絵の準備中です。

 

水彩画っておもしいろですねー。

 

やってみてくださいね♪

 

もし、あなたがまったくの独学初心者ならば
まず基本を学ぶと上達が速いです↓
水彩画の描き方が初心者でもわかりやすい!おすすめの通信講座とは